忍者ブログ

桂吉坊公式ブログ「坊's 茶屋」


無題

2010/07/24(Sat)23:26

 先日、最終回の「ぱくす亭噺の会」が無事にお開きとなりました。
師匠が亡くなって、ひと月あまりで始めた自分の会。35人も入れば満員御礼という会場(お店)で、初演も含めて20以上の噺をやらせていただきました。第1回の時の事からすれば、ネタの数ではない、明らかにここで培われた僕がいます(マクラの長さは別として)。今月でパクスグルーヴさんがお店を閉められる、ということは残念でなりません。
翌日は、一門そろってのお中元のご挨拶。米朝師匠、奥さんもお元気そうで何より。若い者7人で囲んでの、近況報告から内弟子時分のいろんな話、帰り際に奥さんが「よお笑たわ」と仰って下さり、ホッとしたりなんかして。何しに行ったんでしょう。お茶飲みながら、今、大師匠とこうした時間を過ごすことが出来る、改めて内弟子をさせていただいたことがありがたい事やったんやなあと思います。
そして、そのまま皆でうちの師匠のお家へ。僕は途中で稽古のために失礼しましたが、なかなか今回も長時間の宴会になった模様です(笑)。奥さんがお好み焼き焼いて下さるのを、弟子が小鳥の如く口開けて待っているという…何しに行ったんでしょう。
その次の日は、瓦林寄席でした。第一回にうちの師匠をお願いしておりましたが、一番初めの追善の会になりました。ネタ帳を開けば必ず目に入ります。

なんか、師匠に縁のある今月です。

PR

No.117|受付無しCommentTrackback