忍者ブログ

桂吉坊公式ブログ「坊's 茶屋」


元気です。

2007/12/22(Sat)23:38

 さて、お久しぶりの日記になってしまいました。

 今月は、6日のスイーツ寄席ろくろく坊’S編、7日のぱくす亭噺の会と続きましたが、どちらの会も、大入りで本当にありがとうございました。6日は200人以上入る繁昌亭、7日は35人でいっぱいのパクスグルーヴ(普段はお店ですから)、まったく環境としては両極端のところで構成もちがう会をやらせていただいております。

 繁昌亭では来年1月28日、そしてぱくす亭は2月8日と、なぜかまた日にちは近いのですが(…)、会場の違いで落語会の印象も変わるのを楽しんでいただければと思います。
 また、13日は、「事始め」という毎年の行事が、大師匠米朝の家で行われました。これは、簡単に申し上げますと、お正月のご挨拶に近いものと思っていただければと思います。もっと簡単に申し上げると、一門総出の飲み会です(最終的には)。
 …内弟子のときには、この日のために家じゅうの掃除を兄弟子と必死でやった思い出があります(何しろみんなここで内弟子してますから、手を抜くとすぐにばれる)。

 今日(22日)は、千里中央にある豊中不動尊での「お能ってなぁ~に?」という会に、行ってました。この会は、シリーズで能の一曲(今回は『花月』)をクローズアップしながら初めての人にも能の面白さを体験してもらおうという催しです。雨の中(また今日は寒うございました!!)、たくさんの人がご来場で、能の楽器の体験コーナーや、ワークショップなどで盛り上がりました。
 僕も、着物を持って通りがかったもんですから(白々しい)、飛び入りでシテの山本博通さんとトークで出演させていただきました。会が終わってからも、山本さんはじめ、囃子方の人たちとの茶話会では、体験を通しての質問が飛びかいました。こういうことは、なかなか本や映像を見るだけではできません。やはり、生の舞台を見、また今回のように実際にふれてみることで、また新しい魅力のあるものだと思います。
 この「お能ってなぁ~に?」は、次回が来年2月17日(日)、その次が3月9日(日)いづれも2時からです。そして4月4日(金)には、島熊山薪能でいよいよ『花月』を山本博通さんのシテで上演されます(これは18時半開演)。
 詳しくは山本博通さんのHP「能楽の和!」http://www.k4.dion.ne.jp/%7Ehiromiti/index.html にどうぞ!

 さて、明日は朝から東京に行き、あさっては名古屋、そのまま大阪に帰って打ち上げが待っています!! うちの花火は年がら年中打ち上げっぱなしです!!

 
PR

No.6|受付無しCommentTrackback