忍者ブログ

桂吉坊公式ブログ「坊's 茶屋」


ご無沙汰をば。

2015/08/19(Wed)23:49

すみません、ブログを始めてから、「ブログの更新が遅い」といつも言われ続けて早や幾年…。
辛抱強く見守ってくださる方々には重ね重ねお詫びを申し上げる次第です。

6月の繁昌亭の一週間から、更新をしていませんでした。すんません。

その前からパソコンがクラッシュし、修理に出したら新品で帰ってきまして、音源が全て吹っ飛びました。
iPhoneクラッシュは慣れてますが(困りますが)、正直今回の被害は甚大でございます。

7月は、経堂さばのゆにて、吉坊一人会5周年と言う事で、毎日ゲストを御迎えしての一週間興行をさせていただきました。ちなみにこの5周年に関しては、特別号?冊子を製作中でございますので、皆様に是非お手にとっていただけますように。
7月と言えば徳本寺。今年もたくさんのご来場で、本当にありがとうございました。来年も、ある、と思います。スケジュールは確認したので。

先月から今月にかけて、上方歌舞伎若手の会「晴(そら)の会」が近鉄アート館でございました。出演の片岡松十郎さん、片岡千壽さん、片岡千次郎さんは上方歌舞伎塾第一期卒業生の名題の方々。初舞台も、年齢もほぼ同じの方々の会で、縁あって落語をもとにした御芝居の台本を書かせていただきました。
御稽古から本番、かかわらせていただいたことは、僕にとりましても大変にええ経験させていただきました。
ちなみに、こんげつ22、23日には、国立文楽劇場におきまして、「上方歌舞伎会」にお三方ともご出演です。ぜひぜひ御運びくださいませ。

悲しい事も多々ございました。
つい最近で申しますと、源大夫師匠、加藤武先生、ロイヤルホース關さん…。
加藤先生は、最後の会になりましたお江戸日本橋亭。楽屋に伺うと袴を付ける前の黒紋付の尻からげ、定九郎かと思いました。「義経みちのく送り」「八世市川中車」。楽屋で豪快に笑い、秋の御芝居「すててこてこてこ」の話、「最近米朝さんのCDを聞くんだよ」という話から「生きてる時はさ、ヨォヨォってほめてばっかりでさ、もっと訊いときゃ良かったなあって思うんだよ。年寄りの話は聞かなきゃいけないよ。…(ふと間があって)、俺のは聞かなくていいけどさ」なーんて、イエイエそんなことないです、とか言うて笑ってはったのに。まだまだ、まだまだ聞きたい事だらけでした。もうすぐ三七日ですか、でもどこかで信じられないです。
ああ、なにやら長文になってきました。

今月は、落語以外のことも多くさせていただいてます。上方舞、文楽の司会、鼓、、、道頓堀盆踊り(←なんと、ギネス世界記録更新、2025分の1になれました)!
二十五日の天神寄席では「浮かれの屑より」(サゲを新しく考えてみました)、寄席の踊りとして「ずぼら」をば。


生きてる限りは楽しんでいただき、そして生きる事を楽しめれば、いいなあと思います。

秋の吉坊ノ会の、詳細告知がもうすぐできそうな今日この頃。
まだまだ暑い日もあるようです。皆様、お体くれぐれもご自愛くださいませ。
PR

No.225|受付無しCommentTrackback